ひとtoまち出版室について  〜「伝えたい」をサポートします〜 

” ひとtoまち出版室 ”とは
三重県NPO活動基盤強化事業としてスタートしたNPO法人Mブリッジによる出版サポート事業です。
NPO法人Mブリッジは、三重県で唯一の「日本自費出版ネットワーク」の正会員です。(2012年6月現在)
自費出版アドバイザー認定・自分史活用アドバイザー認定・CSR検定・ビジネス著作権検定等の資格を持つフリーの編集者、デザイナー、ライターが「文化」としての出版・印刷をサポートします。
NPO法人Mブリッジについての詳細はこちら

「一人の高齢者の死は、町から一つの図書館を失うのと同じ。」
これはアフリカのことわざですが、ここ三重県にも、活かしきれず、眠ったままになっている文化がたくさん
あるはずです。
高齢者に限らず、定年退職者、各地域の文化人の知恵や知識、NPOの持つ専門性、地元企業の地域貢献活動、
また、故郷に伝わる古い民話や伝説など。
それぞれの持つ文化の力を、内に留めるのではなく、外に伝え広げることをNPOの力でサポートするのが、
私たちの「文化アウトプットサポート事業」です。


◆CSRレポート発行のサポート
企業による社会貢献活動であるCSR活動を報告する「CSR報告書(レポート)」発行のサポートを行っています。
地域や自然環境に「良いこと」をしている地元企業を応援し、企業と市民が協力しあえる社会を作ります。

◆自分史・自費出版のサポート
自分史を書いてみたい。地域史の本や趣味サークルの本を作りたい。そういった方々のサポートを行っています。
原稿の編集や、出版のアドバイスなど、何でもご相談ください。私たちは、自分史づくりや自費出版を「生きがいづくり・地域貢献」に活用します。
NPO法人Mブリッジは三重県で唯一の「日本自費出版ネットワーク」の正会員であり、(2012年6月現在)
自費出版アドバイザー・自分史活用アドバイザーとして活躍する編集者、ライター、デザイナーが、あなたの本づくりをお手伝いします。

◆民話の発見と発信
ひとtoまち出版室では、三重県松阪市に伝わる民話の保存・継承事業を行っています。
平成22年度文化庁・地域伝統文化総合活性化事業
平成23年度、24年度文化庁・文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
を受託し、私たちの日常から姿を消しつつある地域文化を再発見し、発信するため、
聞き書き民話集「まっさか語り継ぎ」シリーズの発行、民話絵本・民話かみしばいの制作、
民話探索マップの制作など、幅広く活動しています。

◆ソーシャルパブリシティー
誰かのためにがんばっている人たちを応援する広報誌を作成しています。
町の「イイコト情報」をお待ちしています。

◆「ひとtoまち出版室」という名前
上記の事業を行っていくのが「ひとtoまち出版室」です。
この名前は、「ひと」と「まち」をつなぐNPOとして、文化を大切にするための出版を
サポートしていきたいという思い、そして、「ひと(個)」から「まち(公)」へ、
眠ったままになっている大切な文化を発信していきたいという思いからつけられました。